本文へスキップ

建設業許可申請のアリスト事務所は,東京と埼玉の建設業許可申請に強い社会保険労務士・行政書士事務所です。

お気軽にお問い合わせください!
建設業許可専門の東京都渋谷区のアリスト社労士行政書士事務所の問い合わせ先 

営業時間 9時〜18時(土日,祝日除く)

一般建設業と特定建設業の違い

相違点

建設業の許可をとるときには、その業種ごとに「一般」建設業か、「特定」建設業、いずれかの許可を取得することになります。

建築一式工事の場合は、発注者から直接請け負った工事で、4,500万円以上の工事を下請に出す場合には「特定」建設業の許可が必要となります。建築一式工事以外の工事の場合は、発注者から直接請け負った工事のうち、3,000万円以上の工事を下請に出す場合に「特定」建設業の許可が必要となります。 

上記以外の場合には、一般建設業の許可となります。 

非常に分かりにくいですが、「特定」建設業の許可が必要になるのは元請業者で、かつ、下請業者に工事を発注する場合(建築一式工事4,500万円、建築一式工事以外の工事3,000万円)のみです。

なお、一次下請業者が二次下請業者に下請を出す場合に上記の金額を上回ったとしても、「特定」建設業の許可は必要ありません。

例:1億円の請負金額となる工事を発注者から請け負ったとして、すべてを自社で施工する場合も「一般」建設業許可で問題ありません。 

上記より、発注者から直接工事を請け負った元請業者が4,500万円以上(一式工事以外は3,000万円以上)の工事を下請けに出す場合には、「特定」建設業の許可が必要になるのです。 

「特定」建設業の許可をとるためには要件が「一般」と比べて厳しくなります。

サービスエリア

東京都
港区,千代田区,中央区,港区,新宿区,文京区,台東区,墨田区,江東区,品川区,目黒区,大田区,世田谷区,渋谷区,中野区,杉並区,豊島区,北区,荒川区,板橋区,練馬区,足立区,葛飾区,江戸川区,三鷹市,武蔵野市,国分寺市,立川市,小平市,清瀬市,西東京市,調布市,府中市など
埼玉県
川口市,蕨市,戸田市,さいたま市,新座市,草加市,越谷市,蓮田市,和光市,三郷市,八潮市,春日部市,川越市,所沢市,狭山市,入間市,ふじみ野市,志木市,桶川市,上尾市,鶴ヶ島市,朝霞市,志木市など
千葉県
流山市,野田市,松戸市,柏市,船橋市,市川市,浦安市など
神奈川県
川崎市,横浜市など

東京・埼玉・千葉の建設業許可申請に強い!東京都港区のアリスト社労士行政書士事務所にお問合せ

バナースペース

バナースペース


ナースペース


当事務所のブログ↓↓
代表者ブログ

当事務所の総合サイト↓↓
代表者ブログ

当事務所の宅建業専門サイト↓↓
代表者ブログ

当事務所の社労士サイト↓↓
代表者ブログ

当事務所就業規則専門サイト↓↓
代表者ブログ

当事務所の遺言相続サイト↓↓
代表者ブログ

東京都渋谷区代々木
アリスト社労士行政書士事務所

行政書士,社会保険労務士郡山博之

アリスト社労士行政書士事務所
代表

社会保険労務士行政書士 郡山博之

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1
ニューステイトメナー1249

TEL
携帯
FAX 03-6300-4903