本文へスキップ

建設業許可申請のアリスト事務所は,東京と埼玉の建設業許可申請に強い行政書士事務所です。

(土日祝日,夜間も対応可能)お気軽にお問い合わせください!
建設業許可専門の東京都港区のアリスト社労士行政書士事務所の問い合わせ先 

営業時間 9時〜20時(日,祝日除く)

建設業許可を受けれない場合(欠格要件)

欠格要件について

法人の場合は役員、個人の場合は本人や支配人が「欠格要件」に当てはまる場合は、建設業許可を取得することが出来ません。

欠格要件」とは

成年被後見人、被保佐人または破産者で復権を得ない者

不正の手段で許可を受けたこと等によりその許可を取り消されて5年を経過しない者

許可の取り消しを免れる為に廃業の届出をしてから5年を経過しない者

建設工事を適切に施工しなかった為に公衆に危害を及ぼしたとき、あるいは危害を及ぼすおそれが 大であるとき、または請負契約に関し不誠実な行為をしたこと等により営業の停止を命ぜられその 停止の期間が経過しない者

禁錮以上の刑に処せられその刑の執行を終わり、またはその刑の執行を受けることがなくなった日 から5年を経過しない者

建設業法、建築基準法、労働基準法等の建設工事に関する法令のうち政令で定めるもの、もしくは 暴力団員による不当な行為の防止に関する法律の規定に違反し、刑法等の一定の罪を犯し罰金刑に 処せられ、刑の執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者

これらに該当する場合には許可要件を満たしません。 

また、許可申請書や添付書類などの重要な事項について虚偽の記載があるとき、または重要な事実の記載が欠けているときも欠格要件に該当します。

 これら欠格要件は、許可を受けようとするのが法人の場合はその役員と支店長、営業所長など、個人の場合はその本人・登記している支配人について判断される要件です。もし、従業員の中に欠格要件に該当する人がいても、建設業許可の取得には影響しません。

サービスエリア

東京都
港区,千代田区,中央区,港区,新宿区,文京区,台東区,墨田区,江東区,品川区,目黒区,大田区,世田谷区,渋谷区,中野区,杉並区,豊島区,北区,荒川区,板橋区,練馬区,足立区,葛飾区,江戸川区,三鷹市,武蔵野市,国分寺市,立川市,小平市,清瀬市,西東京市,調布市,府中市など
埼玉県
川口市,蕨市,戸田市,さいたま市,新座市,草加市,越谷市,蓮田市,和光市,三郷市,八潮市,春日部市,川越市,所沢市,狭山市,入間市,ふじみ野市,志木市,桶川市,上尾市,鶴ヶ島市,朝霞市,志木市など
千葉県
流山市,野田市,松戸市,柏市,船橋市,市川市,浦安市など
神奈川県
川崎市,横浜市など

東京・埼玉・千葉の建設業許可申請に強い!東京都港区のアリスト社労士行政書士事務所にお問合せ

バナースペース

バナースペース


ナースペース


当事務所のブログ↓↓
代表者ブログ

当事務所の総合サイト↓↓
代表者ブログ

当事務所の宅建業専門サイト↓↓
代表者ブログ

当事務所の社労士サイト↓↓
代表者ブログ

当事務所就業規則専門サイト↓↓
代表者ブログ

当事務所の遺言相続サイト↓↓
代表者ブログ

東京都港区虎ノ門
アリスト社労士行政書士事務所

行政書士,社会保険労務士郡山博之

アリスト社労士行政書士事務所
代表

社会保険労務士行政書士 郡山博之

〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-7-10
虎ノ門ニューファッションビル2F

TEL
携帯
FAX 03-6206-1388